2013年11月28日

分かりやすく教えるコツ・ポイント・技術・・・(4)

5.結果を伝えて次のステップへ

第4のプロセスは、「結果を伝える(フィードバックその1)」です。

もちろん漠然と伝えればよいのではありません。上手に結果を伝え、次のステップに活かす方法を教えなければなりません。


(1)結果から何を読み取るのかを伝える

たとえば、話し方のロールプレイの結果を伝えることを考えてみましょう。

ロールプレイが上手にできたかどうかを伝えるだけでは不十分です。

その過程と結果から読み取れるもの、たとえば、声の大きさ、メリハリ、アイコンタクト、論理構成などのポイントを伝えます。



(2)数値で伝える

ロールプレイでは、観察結果を伝えることになりますが、良い悪いを数値の段階で表して伝えるとわかりやすくなります。



(3)評価項目を決める

数値で測定できないものは、観察した結果を言葉で伝えることになります。

この場合、あいまいな評価は避けるべきです。話し方のロールプレイの結果を伝えるのに「だいたい良かったと思います」では、結果を伝えたことになりません。

このような場合は、あらかじめ、評価項目を決めておきます。

たとえば「聞き取りやすい大きな声で話していましたか」「話すスピードは適切でしたか」「適当な間がありましたか」などです。



(4)マイナスの評価の伝え方

マイナスの評価を部下に納得させ、受入れさせるためには、評価の基準が妥当であること、評価の結果が妥当であることが必要です。


●●●●●治験のニュース・医薬品のニュース・製薬業界のニュース・医学のニュース●●●●●
  ↓
http://horaichikennews.web.fc2.com/index.html

●●●●●お勧めのTOEIC問題集、TOEIC参考書、TOEIC攻略法、TOEIC勉強方法●●●●●
  ↓
http://toeic-emglish.seesaa.net/

●●●●●自分を3日で変える自己啓発の方法●●●●●
  ↓
http://horai-myself.seesaa.net/

●3秒で分かるビジネススキル(仕事のコツのヒント集)
http://threesec-skill.seesaa.net/

●仕事ができる人になる方法
http://field-buddha.seesaa.net/

●ハードボイルド・ワンダーランド日記(半径3mから300億光年の出来事)
http://hard-wonder.seesaa.net/

▼お勧めのビジネス書のまとめサイト
https://sites.google.com/site/osusumebzbook2/

▼今週のおすすめビジネス本
http://horai-biz-book.seesaa.net/

●医薬品ができるまで」は下記
http://chiken-imod.seesaa.net/

●週刊GCPのメル“ガマ”の(GCPメルマガ)バックナンバー・登録・配信停止はこちら
http://archive.mag2.com/0000102664/index.html

●ホーライ製薬は下記
http://horaiseiyaku.seesaa.net/
タグ:OJT
posted by ホーライ at 06:36| Comment(0) | 人材育成 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。